パッケージのことは朋和産業に相談しよう【機能性の高さに注目!】

色見本

包装関連でお馴染みの明和産業に依頼すべき理由

日本に数多くの専門の業種がある中で、包装紙の事業の第一人者として名を馳せているのが朋和産業です。千葉県の船橋市に本社を置くこちらの会社は1962年の創業以来、軟包装を主軸にした事業で成長を遂げてきました。朋和産業がたくさんの利用者から支持を得ている理由が取り扱いパッケージの豊富さです。一口に包装紙と言っても用途によって形状や機能がそれぞれ異なります。そういった様々なケースに対応できるだけの商品を取り扱っているのはもちろん、機能性や安全性を重視する信頼の高さなども朋和産業への依頼がおすすめとされる理由です。

朋和産業のパッケージが持つ特徴

印刷

商品に左右されない開けやすさ

朋和産業が作る包装紙のいくつかある特徴の中でも革新的とされているのが袋の開けやすさです。こちらの会社ではデイリーと呼ばれる賞味期限が短い商品の包装紙も手掛けていて、コンビ二やスーパーなどで売られている菓子パンやおにぎりがこれに当たります。朋和産業はこれらの商品に欠かすことのできないフレッシュさを保ちつつ誰にでも簡単に開けられる袋の構造になっているのです。

長期保存に対応できる丈夫さ

一口に食品と言っても前述した期限の短い物から長期保存が可能な物までその種類は豊富にあります。冷凍庫などで長期保存をすることを目的とした冷凍食品のパッケージも朋和産業特徴があって、それが耐久性です。長期で保存で中身の品質を維持するためには、パッケージも丈夫でなければいけません。こちらの会社ではこういった丈夫で長持ちするパッケージ作りも行っています。

安全性に特化したパッケージ

包装紙は原料や商品の特性上、季節や環境によっては静電気が発生してしまうケースも多くあります。静電気自体は体に影響はないとはいえ、商品を販売する上でデメリットになってしまうのは否めません。朋和産業で生産している包装紙はこうした静電気の対策についてもしっかりと行われています。これにより、消費者が安心してパッケージを手に取ることができるのです。

見た目と機能性を重視した

一昔前の包装紙は一度空けてしまうと元に戻すことができないため、中身が大量に入っている商品の保存に頭を悩ませるケースも少なくありませんでした。
朋和産業がこうした消費者の声に応える形で独自に開発をしたのが、機能性に特化したパッケージです。代表的な物として袋にチャックが付いている物が挙げられます。これはその都度チャックを閉じれば空気が中に入らないため長期保存でも品質の劣化を防ぐことができる仕組みです。主に小麦粉など長期使用を目的とした商品に使われています。

広告募集中